図書館からのお知らせ

『国立国会図書館・図書館向けデジタル化資料送信サービス』が利用できるようになりました。(市内全館)

お知らせ

磐田市立図書館では、平成26年8月16日(土)より中央図書館で、平成27年5月16日より市内全館で『国立国会図書館・図書館向けデジタル化資料送信サービス』が利用できるようになりました。
図書館の閲覧用インターネット端末を使い無料で利用いただくことができます。また、中央図書館では有料(白黒1枚10円、カラー1枚50円)で著作権の範囲内での複写も可能です。

『国立国会図書館・図書館向けデジタル化資料送信サービス』とは
国立国会図書館のデジタル化資料のうち、絶版等資料のデジタル画像を認可を受けた図書館等で閲覧できるサービスです。

閲覧できる資料
国立国会図書館がデジタル化した資料のうち図書・古典籍・雑誌・博士論文の4種類で約131万点が閲覧できます。(平成26年7月現在)

利用できる方
磐田市立図書館の利用者カードをお持ちの方ならば、どなたでも利用することができます。

申込み
『国立国会図書館・図書館向けデジタル化資料送信サービス』を利用希望と総合案内でお伝えください。申請には、利用者カードを提示していただきます。

閲覧
デジタル画像を、館内の指定されたパソコンより見ることができます。なお、画像は図書や雑誌を写真で撮ったものですので、本文の文字の検索はできません。

複写
利用者向けの画面では、印刷ができない設定となっています。複写希望の場合は、中央図書館参考カウンターまでお申込みください。有料にて複写することができます。