トップページ > お知らせ > できごと > 「子どもと読書講演会」を開催しました。

ここから本文です。

図書館からのお知らせ

「子どもと読書講演会」を開催しました。

できごと中央図書館

中央図書館で、11月2日(土曜)に「子どもと読書講演会」を開催しました。「家庭での読み聞かせを見直そう ~メディア社会に生きる子どもたちに~」と題し、東京こども図書館の加藤節子氏にご講演いただきました。

若いお母さんやお父さん、学校等で読み聞かせを実践している人など、88名が熱心に耳を傾けました。
講演では、テレビやスマホに頼った子育ての弊害に触れ、お父さんやお母さんなど身近な大人が生の声でお話ししたり、本を読んであげたりすることが、子どもにとってどんなに大切なことかお話ししてくださいました。

講師による絵本『3びきのやぎのがらがらどん』の読み聞かせ、『3枚のお札』のストーリーテリングに、参加者は改めて耳から聞くお話の楽しさを実感し、大好評でした。

また、今回の講演に先立ち、基金からの図書の贈呈式が行われ、西部地区の図書館を代表して磐田市教育委員会教育部長 市川 暁が目録を受領しました。
なお、県西部の図書館が本の寄贈を受けているのは下記の基金です。
公益信託西川金一・ゆり子図書助成基金
公益信託土屋勝次・てる図書助成基金

講師による読み聞かせの様子 図書の贈呈式での目録受領の様子

 

 

このページの先頭へ戻る