発見!いわた

磐田の図書館のあゆみ

江戸時代 (幕末) 大久保忠尚が磐田文庫を創設(〜明治)
明治37年 (1904) 御厨図書館開館(小学校の一室を使用)
昭和24年 (1949) 5月 磐田市立図書館が磐田南高校内で開館 (中央図書館)
昭和25年 (1950) 5月 磐田市立図書館が旧中泉町役場(磐田駅前)に移転 (中央図書館)
昭和36年 (1961) 8月 磐田市立図書館が児童文化館内(中泉・府八幡宮東側/現在ワークピア駐車場)に移転 (中央図書館)
昭和42年 (1967) 5月 磐田市立図書館が児童文化館に2階を増築 (中央図書館)
5月 赤松文庫(資料3,300点)寄贈を受ける。(中央図書館)
昭和46年 (1971) 5月 磐田市立図書館が「茶の間ひととき読書運動」を市内全小学校で開始 (中央図書館)
昭和55年 (1980) 11月 福田町立中央公民館図書室が開館 (福田図書館)
昭和63年 (1988) 4月 児童文化館廃館により、建物全体を図書館として利用 (中央図書館)
平成3年 (1991) 4月 竜洋町立図書館が開館 (竜洋図書館)
11月 豊田町立図書館が開館 (豊田図書館)
平成4年 (1992) 7月 磐南地域 (磐田市・福田町・竜洋町・豊田町)図書館業務提携開始
平成5年 (1993) 6月 磐田市立図書館が移転 現在の場所に新築し開館 (中央図書館)
平成8年 (1996) 7月 豊岡村図書室が旧広瀬村役場で開館 (豊岡図書館)
平成9年 (1997) 12月 磐田市立図書館 開館以来の入場者数 100万人達成 (中央図書館)
平成12年 (2000) 2月 豊岡村図書室を増築 (豊岡図書館)
4月 磐南地域 (磐田市・袋井市・福田町・竜洋町・豊田町・浅羽町・森町・豊岡村)図書館業務提携開始
平成13年 (2001) 8月 豊田町立図書館 開館以来の入場者数 100万人達成 (豊田図書館)
平成14年 (2002) 3月 磐田市立図書館 開館以来の入場者数 200万人達成 (中央図書館)
7月 福田町立図書館が開館 (福田図書館)
平成17年 (2005) 4月 市町村合併(磐田市・福田町・竜洋町・豊田町・豊岡村)により、磐田市立図書館が5館になる。
4月 中遠地域 (磐田市・袋井市・森町)図書館業務提携開始
平成18年 (2006) 4月 中央図書館 開館以来の入場者数 300万人達成
平成20年 (2008) 7月 豊田図書館 開館以来の入場者数 200万人達成
平成22年 (2010) 5月 中央図書館 開館以来の入場者数 400万人達成
7月 豊田図書館 閉架書庫空調設備改修工事
平成23年 (2011) 2月 豊岡図書館が豊岡支所内に移転
4月 中東遠地区広域 (磐田市・袋井市・森町・掛川市・菊川市・御前崎市)図書館業務提携開始
6月 雑誌スポンサー制度施行
平成24年 (2012) 6月 福田図書館 開館以来の入場者数 100万人達成
9月 中央図書館 天井耐震改修工事
9月 中央図書館 空調設備更新工事(第1期工事)
12月 福田図書館 天井耐震改修工事
平成25年 (2013) 9月 中央図書館 空調設備更新工事(第2期工事)
9月 竜洋図書館 天井耐震改修工事
平成26年 (2014) 1月 中央図書館 防水外改修工事
5月 中央図書館 開館以来の入場者数 500万人達成
5月 市内5館 インターネット接続環境整備
8月 中央図書館で国立国会図書館・図書館向けデジタル化資料送信サービス開始
8月 中央図書館 視聴覚ホールAVシステム更新
9月 中央図書館 静岡新聞データベースplus日経テレコン 開始
9月 中央図書館 D1-Law.Com 開始
10月 豊田図書館 天井耐震改修工事
平成27年 (2015) 5月 中央図書館 いわたデジタルアーカイブ公開(赤松文庫)
5月 福田・竜洋・豊田・豊岡図書館 国立国会図書館・図書館向けデジタル化資料送信サービス 開始
8月 福田図書館 監視用テレビカメラシステム一式を玄関に設置
平成28年 (2016) 1月 豊田図書館 開館以来の入場者数 300万人達成
10月 コンピュータシステムをNEC Lics-ReⅡに更新
10月 電子図書館の開設
10月 図書館ホームページのリニューアル
11月 磐田市子ども読書活動推進計画(第3次計画)策定