発見!いわた 「磐田の著名人」

寺田 登 (てらだ のぼる)

1917(大正6)年〜1986(昭和61)年
水泳選手(ベルリンオリンピック 金メダリスト)
teradanoboru_p 『わたしたちの福田町』より

磐田郡福島村中島(現磐田市福田中島)に生まれる。

1930(昭和5)年県立見付中学(現磐田南高)に入学すると、4年生・5年生時に全国中学校水泳大会400メートル、800メートル自由形で連続優勝し、水泳で頭角をあらわす。

1935(昭和10)年慶応義塾大学に進学。翌年、1936(昭和11)年に開催された第11回ベルリンオリンピック大会に出場し、1500メートル自由形でスタートからトップにとび出しアメリカのメデイカとの差を15メートル開け、19分13秒7で堂々優勝した。

また、ベルリン大会では静岡県出身選手が大活躍した。見付中学1年後輩の杉浦重雄も新井茂雄(浜松農蚕学校)達と800メートルリレーに出場し、世界新記録で優勝。鵜藤俊平、牧野正蔵、小池礼三らもメダルを獲得し、静岡県勢で6個のメダル獲得を果たし「水泳王国静岡」の名声をとどろかせた。

寺田登はのちに伊藤に改姓した。

陽気な性格でいつも楽しそうに泳ぎ、練習で苦しいと言ったことがなかったといわれている。

1986(昭和61)年69歳で永眠。1994(平成6)年国際水泳殿堂入りを果たす。現在、優勝記念碑が磐田市福田の朝日稲荷敷地内に建立されている。

参考文献

  • 福田町教育委員会 『わたしたちの福田町』 福田町 1992年
  • 福田町教育委員会 『福田町の史跡』 福田町文化財保護審議会 2005年
  • 福田町役場 『合併記念誌 福田町のあゆみ』 福田町 2005年
  • 静岡県体育史編集委員会 『静岡県体育史』 静岡県体育協会 1978年
  • 静岡県 『静岡県体育史』 静岡県体育協会 1963年
  • 静岡県体育写真集特別委員会 『写真集 静岡県体育・スポーツ史』 静岡県体育協会 1992年