トップページ > 磐田の著名人 > > 大竹 武七郎

ここから本文です。

発見!いわた 「磐田の著名人」

大竹 武七郎 (おおたけ ぶしちろう)

1898(明治31)年~1980(昭和55)年
弁護士

1898(明治31)年、磐田郡福島村(現・磐田市福田地区)に生まれる。村長を務めていた父清一郎が政争に翻弄されている姿を見て育ち、正義のために検事となることをなることを決意した。

第六高等学校から京都大学帝国大学法学部に学ぶ。在学中に高等文官試験に合格し、司法省に入省。以来、司法省の各課長、大審院検事、福岡、大阪、安濃津等の各地方裁判所検事正などを歴任。1946(昭和21)年に退官後、弁護士として活躍した。日本国憲法の起草・制定に参画し、東京大学法学部教授、日本弁護士会副会長などを務めた。勲二等瑞宝章を受章。

「選挙判例研究」、「刑事訴訟法講話」などの刑法関係の著書も多数ある。

1980年、82歳で逝去。

参考文献

  • 静岡新聞出版局「静岡県歴史人物事典」 静岡新聞社 1991年
  • 天野敬太郎「現代日本執筆者大事典」第1巻 日外アソシエーツ 1978年
このページの先頭へ戻る