トップページ > 磐田の著名人 > > 平野 市郎

ここから本文です。

発見!いわた 「磐田の著名人」

平野 市郎 (ひらの いちろう)

1872(明治5)年~1972(昭和47)年
事業家、旧池田村村長

1872(明治5)年、磐田郡池田村(現磐田市池田)に生まれる。

磐田郡森本村(現磐田市森本)の飯田和三郎氏のもとで漢学と数学を学んだ後、池田小学校教員や池田村役場勤務を経て、退職後、肥料問屋で働きながら大倉商業学校別科(現東京経済大学)で学ぶ。1897年に帰郷。1907年に、神谷惣吉、青山源一、大橋半九郎らとともに北遠の鉱石や木材を池田村から中泉駅(現在の磐田駅)まで人車により運搬する目的で設立された中泉軌道の発起人となる。中泉軌道は1909年10月8日に営業を開始し、一時廃止や、人車から鉄道馬車への変更など紆余曲折(うよきょくせつ)を経て昭和初期まで存続した。

1909年、池田製材株式会社などを設立、翌年より池田村村長として池田村発展のため尽力した。

1972(昭和47)年、100歳の長寿で逝去。

参考文献

  • 静岡新聞社出版局 『静岡県歴史人物事典』 静岡新聞社 1991年
  • 豊田町誌編さん室/編 『豊田町誌 通史編』 豊田町 1996年
  • 豊田町郷土を研究する会/編 『ふるさと豊田 改訂版』 1977年
  • 鈴木直之/著 『幻の光明電鉄』 磐田谷島屋書店 1989年
このページの先頭へ戻る